経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

LCCピーチ、機長不足により欠航へ。各業界における人手不足が顕在化

Photo: by Japanese LCC Peach from KIX to FUK Jun Seita http://www.flickr.com/photos/jseita/6961063839/

LCC(格安航空会社)のピーチは、機長の頭数が足りないという”人手不足”が原因で、5月・6月に運航予定だった448便を欠航すると発表した。

ここ数ヶ月の間、LCCに限らず外食業界、医療・介護業界、建築業界においても、人手不足がビジネスの足かせとなっているニュースが相次いでいる。その背景にはどのようなビジネス環境の変化があるのだろうか?

背景には大きく2つの要因がある。ひとつは、企業間における過当競争が低価格化・コスト削減を招き、それが人件費の抑制ないし現場の負担増としてあらわれ、労働者離れが進んでいるということ。もうひとつは、長年に及ぶ業界不況に耐えるため、人員カット・採用抑制が常態化してしまった結果、この好況期を回せるだけの労働者をすぐには確保できなくなっていることだ。

人手不足が目に見える機会損失として顕在化する中、ユニクロ、イケアなどの業界最大手はパート社員の正社員登用を決定するなど、人事方針の変更を打ち出してきている。ある経済誌のインタビューに答えたユニクロ柳井社長は、いままでの方針は間違いだったと認め、人材活用に関する大幅な戦略の変更を明らかにしている。

「人材は企業の礎」と長らく言われてきたが、これからの企業経営においてはその言葉がさらに切実さを増していくことになるのだろう。

出典:財経新聞

格安航空ピーチ、最大で2088便欠航のおそれ 機長不足で
>> 続きを読む (外部リンク: 財経新聞)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT