経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

IoT機器を乗っ取り悪用するウイルスが世界で猛威をふるう

Photo:PC by Microsoft Sweden https://www.flickr.com/photos/microsoftsweden/6398775555/

10月21日の朝から大規模なサイバー攻撃により、ツイッターやアマゾン、ペイパル、ネットフリックスなど、米国の企業が提供する世界的規模のネットサービスが続々とダウンしたり接続しづらくなったりする障害が発生し、世界中に震撼が走った。

インターネットにつながる家電製品などのIoT機器を乗っ取り、踏み台として悪用する「Mirai(ミライ)」と名づけられたウイルスのサイバー攻撃が世界中で猛威をふるっている。ミライの設計図はネット上に公開され、すでに全世界で少なくとも50万台のIoT機器が感染している模様。日本国内への攻撃も確認され始めており、警察東京は警戒を強めている。

専門家によると、多くのIoT機器が攻撃側になるという事態はあまり想定されておらず、セキュリティーを意識せずに作られていると指摘。また、利用側も放置したままの場合が多く、今後も踏み台として使われ、IoT経由の攻撃がさらに続く見通しとの事だ。
今後のIoTの普及に向け、セキュリティーの課題が急激に浮上した事件となった。 

出典:YOMIURI ONLINE

「IoT乗っ取り」攻撃でツイッターなどがダウン
>> 続きを読む (外部リンク: YOMIURI ONLINE)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT