経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

IFRS適用方針を議論する金融庁審議会が4カ月ぶり開催、議論の進展なし

ITpro

【BROコメント】
2012年冒頭から、「異論続出」「着地点見えず」「諸外国の動向を見極め」など、依然大きな進展がないように見られる日本のIFRS適用動向。2012年末に控えるアメリカ大統領選、そして、にわかに動き出してきた日本政界の動静が着地するまで、引き続き、論点整理や諸外国の状況まとめ以外にやることがない、やってもしかたがない「様子見」ムードに突入か?

出典:ITpro

【ニュース概要】
日本でのIFRS適用に関する議論を継続している、金融庁長官の諮問機関である金融庁会計審議会は、10月2日、約4ヶ月ぶりとなる金融庁企業会計審議会総会・企画調整部会合同会議を開催した。しかし会議はIASB(国際会計基準審議会)や米国の動向説明が中心となり、様々な立場の参加者による活発な議論が行われている様子は見られるものの、大きな結論や方向性が定まらない状況が続いている。
>> 続きを読む (外部リンク: ITpro)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT