経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

Googleが独自衛星保有へ、全世界を覆うインターネット網の拡充を目指すか

Photo: by Jonica Schmutz Google Earth https://www.flickr.com/photos/jonicaschmutz/5150383684/

Googleは衛星による画像サービスを提供する米Skybox Imagingを買収した。

Googleが発表したIRによると、Skybox社の技術により、Googleマップの航空写真をさらに正確に最新のものにしていくことに加え、災害時の救援やインターネットアクセスの改善にも役立てていく予定だという。

「インターネットアクセスの改善」とは、すでにGoogleが推進している”Loon”という名のプロジェクトを指しているものと思われる。これは通信機器を搭載した気球を上げ、地球全体を覆うインターネット網を構築するという壮大な計画。すでに打ち上げている気球と、Skybox社の衛星技術を組み合わせて、このプロジェクトをさらに推進していくものと見られている。

全世界をカバーする通信網、衛星画像、教育、交通など、Googleのビジネス範囲は、もはや一国家が実現できるインフラレベルを超えてしまった。さらなる利便性の追求、イノベーションは大歓迎であるが、Google創業期からの有名なスローガン、”Don’t be evil(悪になるな)”が今後も変わらないものであることを切に願いたい。

出典:Tech Crunch

Google、いよいよ独自衛星保有へ―衛星スタートアップ、Skyboxを5億ドルで買収
>> 続きを読む (外部リンク: Tech Crunch)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT