経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

ANA、医師登録制度「ANA Doctor on board」を9月より運用開始

Photo:Untitled by Shinichi Higashi

ANA(全日本空輸)は、医師登録制度「ANA Doctor on board」の運用を9月より開始すると発表した。
これは機内で傷病者が発生した場合、機内の医療関係者を呼び出す「ドクターコール」なしに登録した医師に協力依頼できるというもの。
7月から募集を開始し、9月から国際線で運用開始をする。

医師の登録はANAマイレージクラブ会員が対象となり、医師免許と顔写真付きの身分証明書を申込書と共に事務所へ送付、所定の審査を経て登録となる。

ANAでは現在、乗務員と乗客に医療サービスを提供しているMedLink社と提携し、国際線において24時間365日、地上と連携しサポートする体制を提供している。
今回の「ANA Doctor on board」の運用開始により、医療行為発生時の初期対応をさらに円滑にしていく考えだ。 

出典:全日本空輸株式会社 ニュースリリース

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT