経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

Amazon、年内にも日本でアプリ配信を開始へ – 開発者向けポータルを開設

マイナビニュース

アマゾンは、日本国内に向けたアプリストア「Amazon Appstore」を年内にオープンすると発表し、配信アプリの登録受付を開始した。

Amazon Appstoreではおすすめ機能やカスタマーレビューなどお馴染みの機能により、 自分好みのアプリを探し、購入できる仕組みだ。すでに欧米でAmazon Appstoreのサービスをオープンしており、Kindle FireやAndroidからのアクセスが可能となっている。  コンテンツ配信に関しては、ヤフー、スクウェア・エニックスが早速参入する方針をAmazon寄りなコメントとともに発表している。日本のアプリ開発大手も参入は必至だろう。大小問わずアプリベンダーにとってビジネスチャンスが増えることは間違いない。

また、今回のアプリストアの国内展開により、Kindle Fireの日本上陸にも期待が集まる。 Amazon.co.jpのサイト上では、未だに「近日発売」としか発表されていないが、 年内になんらかの展開があるのではという見方が多い。

Kindle Fireの国内展開も控えているものの、はたして私たちがGoogle play StoreにかわってAmazonAppstoreからアプリをダウンロードする時代がくるのだろうか。

出典:マイナビニュース

米Amazon.comは、10月4日(日本時間)に、日本国内に向けたアプリの配信用ポータルサイトをオープンした。これに伴い、携帯アプリの開発者に対し、同社が運営するアプリストア「Amazon Appstore」を通じて、年内に日本で配信予定のアプリの登録受付を開始した。
>> 続きを読む (外部リンク: マイナビニュース)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT