経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

電力小売自由化へ向け、販売事業者の登録が相次ぐ

Photo:岩瀬開閉所 by Ishikawa Ken

家庭でも電気を買う会社を選べるようになる来年4月の電力小売全面自由化に向け、国の登録を受けた販売事業者が100を超えた。

自由化開始までに200程度の事業者が参入を認められる見通しだ。
現在、大手都市ガスや石油元売り、通信など異業種からの参入のほか、太陽光発電など再生可能エネルギーを手がける会社などが並ぶ。

来月には、電力の購入先を切り替える事前受付も本格的に始まり、年明けには電話やインターネットでの受付を始めると発表している。
切り替えなどの手続きをしない場合は、大手電力会社との契約が継続される。

今後、各社ごとの独自の時間帯別料金メニューや割引サービスなどの差別化に注目していきたい。 

出典:朝日新聞デジタル

電力小売自由化、国の登録受けた業者が100を超す
>> 続きを読む (外部リンク: 朝日新聞デジタル)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT