経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

消費税の増税と中小企業保護 消費税特別対策措置法とは?

Photo: Tax Calculator and Pen by Dave Dugdale http://www.flickr.com/photos/37387065@N05/5457170804

消費税法の一部が改正され、平成26年4月から段階的な引き上げが予定されている消費税。
それに伴う価格の値上がりによって、消費者の商品への選定はより厳しくなることが予想される。

そこで、極力商品の値上げは避けたいと考えるのが小売業者の本音だろう。
そのしわ寄せの影響を受けやすいのが、小売業者に物やサービスを供給している中小規模の事業者である。小売業者が小規模の供給業者に増税分の負担を押し付けることが懸念されるからだ。

こうした事態を防ぐため、制定されたのが消費税特別対策措置法である。
ガイドラインには禁止行為だけでなく、新たに許容される行為も設けられすでに公表済みである。

消費税引き上げに際し、円滑かつ適正な転嫁確保のための特別措置法とされているが、市場競争に打ち勝つためにも中小規模の供給業者はもちろん、小売業者側にも増税に向けたリスクや問題意識を考慮する必要がありそうだ。

消費税についてもっと詳しく知るためにはこちら>>
企業が避けて通れない「消費税増税」対策講座 

出典:企業法務ナビ

現在、消費税について、平成26年4月1日、平成27年10月1日に税率の段階的な引き上げが予定されている。 この増税に伴ってしわ寄せが来る可能性が高いのが、小売業者に物やサービスを供給している中小規模の事業者である。
>> 続きを読む (外部リンク: 企業法務ナビ)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT