経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

首相、消費増税きょう表明-日銀短観が後押し

Photo:Tax by Images_of_Money

本日10月1日18時より、安倍首相は消費税増税を正式発表すると見られている。

正式発表に先立ち、9月30日に自民・公明両党が合意した税制改正大綱では、消費税増税が景気に与える悪影響を緩和する目的か、今後の法人税率の引き下げ検討や、企業向けの減税策が実施することが明記された。

減税策の一つである、企業の投資を促す設備投資の減税策では、設備・機器のほか、ソフトウェアなども投資の対象になると見られている。製造業のみならず、非製造業も恩恵が得られる投資減税策となりそうだ。

本日の安倍首相の会見では、消費税増税の発表とともに、新たな経済対策が発表される予定で、設備投資の減税策も含め、企業経営者にとっては必見の内容となる。

出典:J-Net21

安倍晋三首相は、日銀が1日発表する9月の企業短期経済観測調査(短観)の結果を見定めた上で、同日に2014年4月の消費増税を表明する見通しだ。安倍政権の経済政策「アベノミクス」による円安・株高を背景に、9月短観の業況判断指数(DI)は前回の6月調査を上回ると予測するシンクタンクが大勢を占める。消費増税後の景気腰折れを防ぐための経済対策については、設備投資や個人消費を促す税制措置を中心に同日に打ち出す予定だ。
>> 続きを読む (外部リンク: J-Net21)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT