経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

水素時代の幕開けとなるか?トヨタ、燃料電子車(FCV)特許を無償公開

Photo: by Masaru Kamikura Toyota Mirai in US https://www.flickr.com/photos/kamikura/15586780404/

トヨタ自動車は1月6日、同社が保有する燃料電池車(FCV)関連の特許を全面的に無償公開することを発表した。トヨタのFCV第1号「MIRAI」は、昨年12月に発売されたばかりである。

トヨタの狙いは、特許開放により外部の部品メーカーや技術者を味方につけ、トヨタの技術をデファクトスタンダードとして自動車業界に普及させてしまうことにあるのだろう。また、特許の無償開放によりパートナーや参入者が増えれば、FCV普及のボトルネックとなる水素ステーションの普及、整備にもはずみがつく。

特許公開による技術流出のリスクよりも、まずはFCV市場を確固たるものにするため攻めの一手に出たトヨタ。この決断は、水素時代の幕開けを告げるものとなるだろうか。

出典:RBB Today

トヨタ豊田社長、50年先を見据えてFCV特許無償提供
>> 続きを読む (外部リンク: RBB Today)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT