経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

東急、駅構内カメラ画像の配信実験を開始

Photo:仙台駅改札 by Sendai Blog

東京急行電鉄は、駅構内の様子をスマートフォンに配信する「駅視 - vision(エキシビジョン)」の実証実験を3月1日から開始する。
この実験では、溝の口駅やあざみ野駅など計6駅の改札・コンコース付近において、構内カメラが画像を取得し、駅構内の様子を「東急線アプリ」に配信する。

大雪や荒天時や人身事故等、大幅な遅延を伴う運行支障が発生した際の混雑状況を利用者がタイムリーに確認できるようにすることが狙いだ。
またプライバシー保護の観点も配慮されており、送受信データは個人が特定できないようデータ加工が施される。

駅の混雑状況がタイムリーにわかるようになれば、乗車を見合わせたり、迂回ルートを選択したりと、日々電車を利用している人たちの負担は大きく軽減されるだろう。 

出典:東京急行電鉄株式会社 プレスリリース

駅構内カメラ画像配信“駅視-vision(エキシビジョン)”の実証実験を開始します
~駅構内混雑状況の発信方法について検討します~
>> 続きを読む (外部リンク: 東京急行電鉄株式会社 プレスリリース)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT