経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

企業力アップ!社員の動機付けにつながる福利厚生

Photo: by Employees Recognition Day  Hilton Quebec http://www.flickr.com/photos/49748048@N06/4794227932

大企業の充実した福利厚生が話題を呼んでいる。

朝型勤務を取り入れた伊藤忠商事は軽食を「無料」で配布し、ヤフーでは会社利益目標を達成すれば「ランチ無料」など食の無料サービスを展開。こうした福利厚生の充実を図る新たな動きの背景には、社員のモチベーションアップや健康管理の施策の先に企業力を高めたいという戦略的な視点があるようだ。

かつて福利厚生は「低い賃金水準の補充」「社会保障の代替」といった役割が課せられていたが、保養所や社員食堂はコスト削減の対象とされるのが多かったのも事実。しかし近年その目的が大きく見直され「質の高い個人生活の支援」、「優秀な人材の確保」といった役割を担うようになった。社員の満足できる環境づくりをベースとしながらも、企業は業務効率化や能力開発、離職率低下など、福利厚生を人材マネジメントとして戦略的に活用しはじめた。

今や企業にとって経営課題を解決に導く重要な機能といえる福利厚生。「学び休暇」や「デート支援金」などユニークな福利厚生施策を繰り出す企業も出始め、より独自色を出すことでインパクトを与えイメージアップも期待したいところだ。今一度、福利厚生を見直してみてはいかがだろうか。 

出典:livedoor NEWS

企業の無料食サービス、社員のやる気にひと役か 朝の軽食からランチ、24時間の社食など
>> 続きを読む (外部リンク: livedoor NEWS)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT