経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

中国、「一人っ子政策」完全廃止へ 

Photo: by Flag of PRC Gustavo M

中国共産党の重要会議、第18期中央委員会第5回総会(5中総会)が29日閉幕し、新華社によると、共産党は、全ての夫婦に2人までの子供を産むことを認める方針を示した。
世界最大の人口を持つ中国では、2012年労働年齢人口が数十年ぶりに減少に転じており、1979年から続いた独自の産児制限「一人っ子政策」は、36年で終止符を打ち、人口政策の歴史的転換を図ることとなった。

中国では、想定以上に進行していた高齢化への危機感があり、このまま一人っ子政策を続ければ、高齢化に歯止めがかからず、景気減速の中で最優先課題である経済の安定成長に悪影響を及ぼすと判断。

中国メディアによると、一人っ子政策の完全廃止で年間300万~800万人が新たに出生すると予測されているが、晩婚化、家計の財政難などもあり、減速しつつある中国経済に歯止めをきかせることができるのか、今後の推移に注目が集まる。

出典:ロイター

中国、今後5年は中高速の成長目指す 「一人っ子政策」廃止へ
>> 続きを読む (外部リンク: ロイター)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT