経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

ヤフー、ストア出店料やオークション入札など完全無料化へ

Photo:Yahoo! everywhere by Yahoo! http://www.flickr.com/photos/yodelanecdotal/2178034777/

10月7日、ヤフーは「yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」などEC事業における各種無料化を発表した。EC事業では、出店料や売上ロイヤルティが収益の柱であるため、これらの無料化はIT界隈ではかなりのビッグニュースとなっている。

2012年、「yahoo!ショッピング」の流通規模は3,082億円、対する「楽天市場」の流通規模は1兆円を突破している。EC業界全体におけるシェアでみても「yahoo!ショッピング」は6.15%しかなく、今回の思い切った施策によりEC業界におけるプレゼンスを回復したいという思惑があるのだろう。

無料化によって、直近の収益減は避けられない。しかし、「yahoo!ショッピング」利用店舗の増加にともなう、販促広告の取扱増加など、減収を補うプランは様々に取りうるはずだ。

今回の施策は、孫会長自ら発案したものだという。ヤフーに関しては比較的表に出てこない孫会長が、ここ一番で自らプレゼンテーションを決行したことを見ても、この施策はヤフーの今後を決める大きな決断であることがわかる。

出典:VentureNow

ヤフーがコマースサイト「Yahoo!ショッピング」とオークションサイト「ヤフオク!」のストア出店料を完全無料化にするなど、10月より大幅な料金改定施策に踏み切る。
>> 続きを読む (外部リンク: VentureNow)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT