経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

ミキハウス、マイナー個人競技選手に投資を惜しまないワケ

産経新聞

MIKIHOUSEさんのように自社の事業やサービスと相性が良いPR投資先を見つけて、将来的に絶対効果が出るとわかっていたとしても、数年間にわたって投資し続ける意思決定はなかなかできないですよね。MIKIHOUSEさんの場合は五輪でメダルを取って優勝した後に自社の広告塔として利用できるのはなおオイシイのでは。

出典:産経新聞

五輪で活躍した所属選手に総額1千万円の報奨金を出した“太っ腹”な企業がある。ベビー服・子供服メーカーのミキハウス(大阪府八尾市)だ。長引く不況で実業団スポーツから撤退する企業が相次ぐ中、なぜ同社は多くの所属選手を抱え、メダリストを輩出し続けられるのか。その狙いを探った。
>> 続きを読む (外部リンク: 産経新聞)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT