経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

排ガス不正、フォルクスワーゲンCEO引責辞任

Photo: by Volkswagen Camper Van Kit Ng

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の最高経営責任者(CEO)を務めるマーティン・ビンターコルン取締役会長は23日、辞任する意向を表明した。
米国で販売したディーゼルエンジン車に排ガス規制を不正に逃れるソフトウェアを使っていたことが発覚したことを受け、責任を明確にした。

不正問題を受け、VWは車の改修などの費用として、今年7~9月期決算で65億ユーロ(約8700億円)の特別損失を計上する方針だ。 今回の発覚により、ドイツの自動車産業のイメージを損なうこともさることながら、道徳的イメージが強いドイツ全体の信頼も損なわれる恐れも懸念されるのではないだろうか。
こういった点も踏まえ、今後どのように信頼を回復していくのかVWの動向に注目したい。

出典:DIAMOND online

VW、ディーゼル車不正の激震   王者転落でエコカー勢力図はどう変わる?
>> 続きを読む (外部リンク: DIAMOND online)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT