経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

ファイミリーマートとサンクス、業界最大の経営統合で業界再編へ

Photo: by Shibuya Antonio Tajuelo https://www.flickr.com/photos/antoniotajuelo/13842248303/

コンビニエンスストア業界3位のファミリーマートと、同業界4位のサークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングスは経営統合を進めている方針を明らかにした。この統合により売上高では2位のローソンを抜き、店舗数では1位のセブンイレブンに並ぶ。

最近は低価格帯の商品よりも高付加価値の商品に需要が移る傾向もあり、単に安いだけでは売れない時代。業界トップのセブンイレブンはプライベートブランドの成功や綿密なシニアマーケティング戦略により営業利益を好調に伸ばし今や業界1人勝ちの状態だ。

今回の統合により原料や物流システムなどの幅広い分野でのシナジー効果が期待されるが、業界最大の経営統合はコンビニ業界の1強時代に再編の口火を切ることができるのか。

出典:ファミリーマート ニュースリリース

株式会社ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングス株式会社の経営統合に向けた協議開始のお知らせ
>> 続きを読む (外部リンク: ファミリーマート ニュースリリース)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT