経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

シャープ、液晶事業の売却検討

Photo: by SHARP Max Braun

経営再建中のシャープが主力の液晶事業を売却する検討に入ったことが28日分かった。
社外に分社化した後、他社から50%超の出資を仰ぎ、連結対象から外す考え。
液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)や電子機器の受託製造大手、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と今後、交渉を進める。

シャープにとって液晶は、売上高で全体の約3割を占める主力事業。 しかし、過去の巨額投資で生産能力が過剰となり、不振が続いている。
さらに、中国景気の減速で、取引先の中国メーカーのスマホ販売が減少していた為、 中小型パネル事業を自力で立て直すのは難しいと判断した。

液晶事業で世界市場を先導してきたシャープ、その主軸事業まで投げうって生き残りをかける今後の決断は英断となるのか愚断の謗りを受けるのか注目していきたい。

出典:YOMIURI ONLINE

シャープ、液晶事業の売却検討…JDIと交渉
>> 続きを読む (外部リンク: YOMIURI ONLINE)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT