経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

グーグルが「Google Station」などインド市場に向けたサービスを発表

Photo:Wi-Fi by Chris Oakley https://www.flickr.com/photos/chrisoakley/5976659263/

米Googleはインド・ニューデリーで現時時間9月27日に開催したイベントで、「Google Station」など、インターネット環境が貧弱な地域に向けた取り組みやサービスを発表した。

「Google Station」はインド国内の鉄道駅や、ショッピングモール、路線バスの停留所、カフェなどさまざまな場所に無料のWi-Fiスポットを設置する取り組みだ。現在は約50駅に無料Wi-Fiが設置されており、その月間利用者数は350万人にも上る。今回の発表ではこの取り組みをさらに拡大させる狙いだ。

さらに、低速通信環境でも使える「YouTube GO」やメッセンジャーアプリ「Google Allo」のヒンディー語対応など、途上国向けの多くのサービスを相次いで発表した。こうした巨大新興市場への先行投資により、将来的に広告などで大きな収益を得ることが見込まれている。 

出典:IT Pro

Google、インドなどの低速通信環境に向けたサービスやアプリを発表
>> 続きを読む (外部リンク: IT Pro)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT