経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

インデックス株の取引停止。粉飾決算の疑い

Photo:キャロットタワー by:sota-k

コンシューマーゲーム、ソーシャルゲーム等のゲーム事業を中心にコンテンツビジネスを展開する株式会社インデックスに、循環取引による粉飾決算の疑いがあるとして証券取引等監視委員会が強制調査に入った。本件に関するインデックスの公式発表はまだない。

人気ゲーム会社アトラスから引き継ぐデジタルゲーム事業は好調だったが、それ以外の業績は不調。その不調を覆い隠すためIT業界にありがちな循環取引に手を染め、長期間にわたり粉飾決算を行なっていたのではないかと見られている。

2013年に入り、ソーシャルゲーム業界には成長の鈍化が目立ってあらわれてきているが、今回のインデックスの粉飾決算の疑いが業界全体、あるいは、ソーシャルゲームユーザーの心理にどのような影響を与えるだろうか。強制捜査に関する続報が待たれる。

出典:VentureNow

12日、大阪証券取引所はモバイルコンテンツの企画開発をおこなうインデックス(ジャスダック、4835)株の売買を午前9時29分より停止した。一部報道によると、粉飾決算の疑いがあるとして強制調査が入ったという。
>> 続きを読む (外部リンク: VentureNow)

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT