経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

イオンがドラッグストア業界の首位に 目指すは地域の健康インフラ

Photo: by Pills 3 e-Magine Art https://www.flickr.com/photos/emagineart/4742089272/

イオンは、ウエルシアホールディングスをはじめドラッグストア4社の経営統合を発表した。これにより、イオンは売上高の単純合算でドラッグストア業界首位に躍り出ることになる。

イオンは、来るべき超高齢化社会を見据え、ドラッグストアを地域の健康福祉関連情報のハブとする大きな未来図を描いている。個々人による疾病予防、健康管理の推進、地域医療機関との連携、在宅介護サービスとの連携など、地域の健康を包括的にケアするインフラとして、場所的時間的にアクセスしやすいドラッグストアを再構築していく戦略だ。

ドラッグストア業界は新規出店により拡大を続けてきたが、すでに店舗数は飽和状態にある。薬事法改正により、薬のネット販売や、コンビニなど異業種組との競争激化が予想されるため、今までと同じ戦略での継続成長を期待することは難しい。

イオンのこの試みが、ドラッグストア業界にどのような波紋を広げていくのか注目である。
>> 続きを読む (外部リンク: イオン株式会社 ニュースリリース(2014年10月22日付))

BROスペシャル

  • プロフェッショナルが選ぶ2012年3大ニュース
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 後編
  • 海外の最新動向に見るリードナーチャリング最前線 前編

コラムをもっと読む

  • PREV
  • NEXT