経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

  • TOP
  • BROコラム
  • 経営目標を「絵餅」にしない、最適化されたアクションプランの作り方とは?

経営目標・基本戦略を実現する、最適化されたアクションプランの作り方  ―実践的事業計画書の作り方と利用方法 vol.004

朝日ビジネスソリューション株式会社
マネージャー 公認会計士
表 順一

SWOT分析及びクロス分析により目指すべき経営目標とそれを達成するための経営基本戦略が定まった後は、次のSTEPとして、それらの戦略を実行するための具体策(戦術)を検討します。そして、その具体策(戦術)がもたらす効果を充分に検討し、それらの優先順位を決定する作業が必要になります。

その優先順位をもとに、いつ、どのような施策(戦術)を実行するかのアクションプランを練り、それがもたらす効果を数値計画に取り込んでいきます。そうすることにより、数値計画が経営基本戦略に整合し、ストーリー性を持つことになり、読み手に説得力のある事業計画書となるわけです。

(3)具体策(戦術)の検討・優先順位付けとストーリーの作成

1.具体策(戦術)の検討と優先順位付
事業計画書の数値計画の前提として、経営基本戦略を実行するための具体策(戦術)を可能な限り数多く検討します。次に、それら施策が業績に与える貢献度を評価し、優先順位付けを行います。その優先順位付けの際重要なことは、貢献度合いの量的な評価だけではなく、その具体策(戦術)を実行するための難易度や実現までの時間を考慮することです。


【優先順位付けのための検討の視点(例)】
ア 難易度・時間軸での検討
  ・難易度はどうか(困難、普通、容易)
  ・実現までにどのくらいの時間がかかるか(1年以内、それ以上)

イ 及ぼす効果についての検討
  A)売上高
   ・売上高への貢献度(高い、普通、低い)
   ・新規顧客、新規チャネル獲得への影響度(高い、普通、低い)
   ・製品の品質向上への影響度(高い、普通、低い)

  B)費用の削減
   ・原価低減への影響度(高い、普通、低い)
   ・固定費削減(業務効率化、人員合理化)に効果はあるか(高い、普通、低い)

これらの視点をもとに評価し、行動計画(ロードマップ)・アクションプランのたたき台として以下のような表に取りまとめると良いでしょう。
 

【戦術・優先順位検討シート】



2.具体策(戦術)の影響額の取りまとめと行動計画(ロードマップ)・アクションプランへの落とし込み

具体策(戦術)の検討と優先順位付及びその効果・達成目標の整理ができたら、次の作業として、それらの具体策を各勘定科目と結びつけ、その貢献度を数値として明確にしていく作業を行います。また、数値を裏付ける具体的行動を行動計画(ロードマップ)としてプランニングしていきます。アクションを起こすことにより数値が変化していく様を記載したものが、事業計画書となるわけです。

損益計算書の科目と結びつけるにあたっては、
・売上高は増加するのか(数量×単価)
・仕入(製造原価)は低減するのか(変動費、固定費)
・人件費は増減するのか(人員増減×平均人件費)
・政策的費用(広告宣伝費、販促費)を必要とするか
・経常費用(固定的経費)は増減するか

といった差額概念で損益計算書の科目を上から漏れのないよう、具体的に検討するのが簡単です。検討結果は具体策(戦術)と紐づけて下記のように整理します。


【増減する損益科目の整理シート(例)】 


(4)数値計画の作成

戦略・戦術・行動計画を整理しストーリーを作ったら、いよいよ数値計画への取りまとめを行います。数値計画は、既存の事業を前提に各諸施策による効果を加減算し損益計算書の勘定科目別に積み上げ、可能であれば貸借対照表・資金収支も加えた総合計画として作成するのが理想です。

数値計画(総合計画)の体系(例)

 

次回は、各計画諸表の作成方法・関連性について解説します。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このコラムは役に立ちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...
朝日ビジネスソリューション株式会社
朝日ビジネスソリューション株式会社
表 順一

大学卒業後、民間会社を経て公認会計士試験合格。大手監査法人にて法定監査、企業再生、株式上場支援に従事。現在は朝日ビジネスソリューション株式会社にて経営管理体制構築支援を行っている。