経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

  • TOP
  • BROコラム
  • 2STEPで標準化! 決算業務のミス・漏れを防止するシンプルな解決策の手引

決算業務のミス・漏れを防止する為の現実解  ―決算標準化概論―

日之出監査法人
パートナー 公認会計士
笠原 幸一郎

決算業務を早く、正確に遂行する。それは全ての企業において望ましいことです。しかし、日々の業務に忙殺され、改善の糸口がつかめず、どこから手をつければよいかわからない、そんな状態に陥ってしまっている企業も多いかと思います。

今回コラムではそのような悩みに対し、経理・決算業務を効率化するために大切な2段階の準備と、標準化をまとめたワークシートのご紹介をしたいと思います。

決算標準化は2段階の準備を行うことが肝要

弊監査法人では、上場準備会社や上場から間もないクライアントの会計監査を行う機会が多くあります。こうしたクライアントでは、限られた人数と上場会社としての運営期間が浅く、経営管理体制に改善すべき点が多いとの認識から私どもにアドバイスを求められる機会が多い状況にあります。

監査法人という業種上、アドバイスを求められる多くは決算開示体制に関する相談です。こうした相談に対する現実的なアドバイスは概ね「決算開示業務を標準化すること」「標準化にあたってはExcel等のワークシートを利用して見える化すること、標準的なフォーマットを作成すること」に集約されます。

決算標準化にあたっては、総論としては1.決算業務のスケジューリングを行い、それぞれの業務で作成される資料も事前に計画しておくこと 各論として2.会計特有の難しい論点(以下、決算重要項目)として基本論点を盛り込んだ一般的な形式での資料を漏れなく整備すること の2段階の準備を行うことが肝要と考えられます。

下記において
1.決算業務のスケジューリング
2.会計特有の難しい論点の資料作り
について簡単に説明します。

1.決算業務のスケジューリング

決算作業は前工程の作業が終わっていることを前提に次の工程を積み上げる作業です。その工程間の関係を整理し、日程管理することが効率的・効率的に決算を進めることになります。決算開示業務は社内でも複数の関係者の調整が必要となるためです。経理部門のほか、総務部門や経営企画部門も担当箇所があるのが通常であり、監査法人や証券印刷会社といった外部の専門家の検証時間も確保する必要となります。

こうした多数の関係者のコンセンサスを得るためにスケジュールを文書化しておくことにより計画どおり実務を進めることができます。スケジュールの文書化をせず、漠然と経理部門や社内だけで作業を進めると他部署で締切りが守られなかったり、外部者のチェックが想定よりも遅くなり、後工程から誤りが発見され、前工程の修正を通じて業務の重複が生じる可能性が高くなります。

※決算スケジュール サンプル
(画像をクリックすると拡大表示されます)



2.会計特有の難しい論点の資料作り

決算スケジュールにおける単体決算においては、チェックリスト形式で決算項目をリストアップすることが決算標準化の最初の一歩となります。

それぞれの決算項目について作成されるべき根拠資料が明確化されることにより「仕訳や開示内容に関する根拠資料」の準備がなされますが、多くは会計基準等の規定により検討項目や算定方法が決められています。

決算項目のうち税効果会計や減損会計といった会計特有の難しい論点については、会計基準のほかに実務指針・適用指針、監査上の取扱いまで考慮しなくてはならないものまであり、論点を必要十分に検討するのが困難となります。

そこで、これら会計基準等で要請される基本論点を織り込む形で一般的なフォーマットを基に各社の状況に応じたカスタマイズを行うことにより必要十分の資料が作成され、社内や会計士のチェックに耐えうる漏れやミスの少ない準備がなされることになります。

※単体チェックリスト サンプル
(画像をクリックすると拡大表示されます)

 

『経理業務を標準化する ワークシート活用ガイド』

上記で解説した決算標準化について総論として1.決算業務のスケジューリングや決算項目・開示のチェックリスト 2.会計特有の難しい論点として税効果会計、退職給付会計、減損会計、関連当事者、過年度遡及会計に関する標準的ワークシートを紹介し、解説した拙著 『経理業務を標準化する ワークシート活用ガイド』(中央経済社 日米公認会計士・税理士 福留 聡氏との共著)が2013年10月中旬に発刊されました。

ワークシートというフォーマットを作成することによって決算の早期化につながるだけでなく担当者が変更になった際にもトラブルなく対応することを容易にします。本書に掲載された主要なワークシートのフォーマットは出版社のホームページからダウンロードできる特典が付いてますので、本コラムで解説した決算標準化にお役に立つ1冊となると思います。


 
『 経理業務を標準化する ワークシート活用ガイド 』
出版社: 中央経済社
筆者: 笠原幸一郎、 福留聡
ISBN: 978-4-502-48970-9
税込価格: 3,360円

メルマガを発行しております。

弊法人では決算標準化について解説したメルマガを発行しております。ご希望の方は下記リンク先の問い合わせ画面より「メルマガ希望」の旨を記載してお申込み下さい。

http://www.hinode-audit.or.jp/contact/

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このコラムは役に立ちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...
日之出監査法人
日之出監査法人
笠原 幸一郎

1998年中央監査法人に入所。2006年株式会社船井財産コンサルタンツにて公表資料上の決算開示責任者を務める。2011年日之出監査法人に参画。主な活動分野は、財務諸表監査・内部統制監査・IPO実務(監査)。