経営者の「知りたい」を解決するプロフェッショナルによるウェブメディア

  • TOP
  • BROコラム
  • 素晴らしい経営はここから始まる!ビジネスを破綻させない「実践的事業計画書」の作り方

破綻しないビジネスの道標を作る!  ―実践的事業計画書の作り方と利用方法 vol.001

朝日ビジネスソリューション株式会社
マネージャー 公認会計士
表 順一

ルートを登録しておけば目的地までの道順を案内してくれるカーナビは、便利この上ない製品で、いまやドライブの必需品ともいえます。(ちなみに新車販売時におけるその装着率は、日本市場約70%、欧米・東アジアその他の市場約20%と日本が世界一となっているそうです。)

一方、経営においては、向かうべき目的地(経営目標)、その道順(経営戦略)が明確になっている例は少数派で、多くの会社は市場環境の変化に身を任せた成り行き経営が行われているのが実情です。成り行き経営は経営破綻への危険に満ちています。少なくとも、破綻回避のためには途中で道を間違ったことに気づく必要があります。事業計画書はカーナビのようにリルートはしてくれませんが、目的地(経営目標)と道順(経営戦略)を記した経営の道標として経営者なら必ず作成しておくべきものと言えるでしょう。

このコラムでは、今回から数回に分けて中小企業が作成可能な実践的な事業計画書の作成ステップと利用方法のポイントを解説していきたいと思います。

ステップ0 ~何のために事業計画「書」を作るのか

事業計画書を作成するにあたっては、「何のために事業計画書」を作成するのか目的を再度明確にしましょう。良い事業計画「書」のポイントは一読了解、読者の共感を呼ぶことです。事業計画ならば単なる数字の羅列でもかまいませんが、事業計画「書」ですから、「書」を作る目的があり、想定される読者がいるはずです。読ませたい読者の関心事に答えるよう事業計画書を作成していきます。

ステップ1 ~まず初めにやるべきこと(SWOT分析)

事業計画書を作るにあたってまず初めにやるべきことは、「市場(競合・顧客)を知り、自社を知る」ことです(敵を知り、己を知れば百戦危うからず~孫子)。すなわち、市場(競合・顧客)環境を「機会(Opportunity)と脅威(Threat)」、自社の資源(リソース等)の状況を「強み(Strength)・弱み(Weakness)」に分類し、戦略立案の基礎とするSWOT分析を行います。

定番のSWOT分析の手法では、外部環境をライフスタイル、人口動向、国際情勢、景気、金利、為替、技術革新などのマクロ環境と市場、顧客、競争相手などのミクロ環境に区分し、それぞれの変化が中長期的に自社の成長の機会(O)となるのか、脅威(T)となるのか、またその環境変化に対応するための自社の強み(S)・弱み(W)をブレーンストーミング等で整理してゆきます。

自社の強み(S)を活かし機会(O)をとらえ、脅威(T)と弱み(W)に対策を打つ戦略を上手に記述することが、事業計画書の読み手に説得力を与えることになります。

しかし、企画部等の専門部署がなく情報収集・分析力に乏しい中小企業においては、外部環境分析が平面的になりやすく、なかなか説得力のあるSWOT分析を行うことが容易ではありません。そこで、戦略立案のための分析としては、自社の分析を出発点とし経営課題を抽出し、得意先別・商品別の分析等から市場に肉薄し戦略を立てるというより実践的な簡易SWOT分析をお勧めします。

次回コラムではSWOT分析の詳細な手順をご紹介します

さて、次回コラムでは、前項のSWOT分析のより詳細な手順をご紹介します。

実践的なSWOT分析の手順
(1) 過去の財務諸表を分析する
(2) 商品ライフサイクルと競争ポジションを仮定する
(3) 自社の資源(リソース等)を分析する
(4) SWOT分析一覧表に取りまとめ

自社の強みを活かし機会をとらえ、脅威と弱みに対策を打つため、中小企業にとって「使える」SWOT分析の作成方法をご紹介いたします。ぜひご期待ください。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このコラムは役に立ちましたか?

読み込み中 ... 読み込み中 ...
朝日ビジネスソリューション株式会社
朝日ビジネスソリューション株式会社
表 順一

大学卒業後、民間会社を経て公認会計士試験合格。大手監査法人にて法定監査、企業再生、株式上場支援に従事。現在は朝日ビジネスソリューション株式会社にて経営管理体制構築支援を行っている。